忍者ブログ
不思議娘パンドラの無限回収者なモンコレプレイヤーの妄言録。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
タイガで使った水風ドラゴン。

召喚術師:アーニャ

ユニット:26枚(即時可:13枚+即時不可:13枚)
シルヴィアの竜姫 ×3
シルフ ×3
フェアリー ×5
瑠璃の乙姫マリモ ×2
スカイ・ワイバーン ×3
スパーク・ワイアーム ×3
不滅竜ファフニール ×3
鳴竜メロディーン ×3
雪竜シルヴァラ ×1

戦闘スペル:24枚
タイダルウェイブ ×2
プロテクション ×3
リップル ×3
ウィンド・カッター ×3
エア・サークル ×3
エア・バースト ×2
ゴッド・ウインド ×1
ティルフィング ×3
ヒュプノシス ×3
ブラック・フォトン ×1


対抗能力高い訳ではないので先攻欲しい系。
5枠のファフニールが先攻取るとヒジョーにヤバい。
完了にする手段がないと手札をテキトーにむしりとる。
ファフニールは手札使わない。格差社会。

スカイ・ワイバーンは……雑にICBMっぽい。
そのまま本陣落としたりするからヤバい。
自軍2に置くだけで、相手の進軍が遅れたりする。

スパーク・ワイアームは……速さがズルい。
鉄砲玉。なんかむしってこいって投げるイメージ。

メロディーン……う~ん?
能力は隊列制限に近い。
まぁ、能力なんて飾りで運用しても悪くない。
攻撃力が8あるのはストレートに強さ。
能力も……レベル:8にぶつけて成功することがあるからやめられない。

シルヴァラ。
ダメなことが多いけど、突き刺さるととんでもないことに……
なった。
能力メタと対空がないと詰んだりすることがある。

スペルは枠配分に合わせた。
水スペルはレベル:2から使いたくないからウンディーネなし。
ブラック・フォトンはオシャレ枠。
ウィーク・ポイントとで悩んだ。
PR
立川モンコレ会用の闇の儀式その1。

立川モンコレ会ではブシ版と20th版を混ぜた悪魔のモンコレも実施中。
ヴィクセンライカダンサーからのゲヘナでド・ゴゾンが墜ちる世界。
火炎耐性のない生き物には生存権のないモンコレがあります。

召喚術師:マフィン

ユニット:6枚(即時可:0枚+即時不可:6枚)
ロック(20th) ×3
魔海神ダゴン(ブシ) ×3

戦闘スペル:38枚
サフォケイション ×2
ブランデット(20th) ×2
アイス・ミラー ×3
ヴェノム・ミスト ×2
オーシャン・タイド ×2
スマッシュ ×3
プロテクション(20th) ×3
ポイズン・スプラッシュ ×3
ポイズン・ハンド ×2
メイルシュトローム(ブシ) ×3
リップル(ブシ) ×2
エンタングル ×3
レジスト ×1
ローリング・サンダー ×1
マジック・シールド ×2
ゴースト・マジック ×1
コンフュージョン ×2
ペイン ×1

地形:6枚
トレンチの三角海域(ブシ)
トレンチの大深淵(20th) 


戦闘なんて敵軍本陣で1回だけすれば良いんだよ!
という暴論で駆け抜けるデック。
以前使った時から少し変更した。
地形減らしてスペル増量。
本陣から本陣に攻め込むノーマナーデック。
6枠から雑に強スペルを投げるだけ。
進軍失敗は実質的に負けなので手札が重要。
方向性の違う戦闘スペルを揃えて行きたい。

簡単な廻し方。
後手をとる。
第1手札調整フェイズでダゴンとロック揃える。
自軍本陣横に地形配置。ロックを彼方からで召喚。本陣にはダゴン。
第2手札調整フェイズで必要な戦闘スペル以外捨てて調整。
相手ターン。
ここでロックを倒されるとヤバイです。
まぁ、大丈夫でしょう。
ラストターン。
第1手札調整フェイズは不要カードの整理。
ユニットあったら捨てるとか方向性似てるカードの枚数調整。
メインは大空を飛ぶで捨て札に魔海を4枚送る。
本陣、配置地形で埋まっていても4枚は捨て札できる。
で、チェンジフィールドで敵軍本陣に魔海を付与。
ダゴンで魔海移動し、最終決戦。

わー。かんたん。
火魔シルク。
普段は事故らないのに大規模イベントで事故るヤツ。

ユニット:27枚(即時可:15枚+即時不可:12枚)
ナイトメア ×2
バンシー ×2
ディーヴァ ×3
火吹山の乙女ペレ ×3
ペルソナ ×3
アバドン ×3
イフリート ×3
レッド・ホーン ×2
魔王の娘バイザク ×3
フェンリル ×3

戦闘スペル:23枚
アヴェンジャー ×3
グングニル ×3
ティンダー・ストライク ×3
バトル・クライ ×2
ブランデット ×2
イビル・デッド ×3
ウィーク・ポイント ×2
フィアー ×2
ブラック・フォトン ×3


遊々亭のイベントで爆死したデック。
レベル:3しか引かないとかゲームにならんのです。

神風への回答はイビル・デッドのみ。
3枚きっちり合わせることはできないはずなので、その前に……。
リップルが飛んできた?
バトル・クライで避けないと死にます。
ディスペル?死にます。

真面目に組んだつもりなんだけどなー。

ただ、スペル配分には怪しさを感じている。
ユニットの枠傾向は火に寄り気味だからね。
重スペル特有の難しさもある。
バイザクは手札が充実してこそ強いユニットなので、
ユニットが渋滞する手札だとあっさり負ける。
イフリートじゃなくて、パズスかベルゼブブが正解だと思う。
前日予選で使うかもで諦めたデック。

召喚術師:ココ

ユニット:25枚(即時召喚可能:8体+即時召喚不可能:17体)
空賊船長ブラッドホーク ×3
海豹姫ウィンリィ ×2
獅子姫レオーネ ×3
龍銃姫ゾズマ ×3
バステト戦場天使団 ×14

戦闘スペル:13枚
アヴェンジャー ×2
プロテクション ×3
リップル ×3
プラズマ・インパクト ×2
ホーリー・サークル ×3

アイテム(錬金弾):12枚
シャンヴァーの錬金弾 ×3
ダムダムの錬金弾 ×3
ティランガの錬金弾 ×3
トルクメンの錬金弾 ×3


ライオンバズーカ!
レオーネが使いたくて。
……なのだが、レオーネいない方が強い気がするジレンマ。
即時召喚可能なのが弱い。
スペックそのままで即時召喚不可能がよかった。
獅子咆哮弾・改がヒュプノシスで止められる弱さ。
ライオンバズーカ・改は安定の楽しさ。
……楽しさ。

戦闘要因でみるとゾズマは強い。
固定値の無属性ダメージの安心感が違う。
防御力アップで弾かれると切ないけど。

ヴィクセンの登場で諦めるしかなくなった感じ。
ヴィクセンライカ相手に防御力の高さが活きなくなった。
これがすごく辛い。
元々手札依存が高く、防御力に頼るケースが多かったのに頼れなくなった。
まぁ、勝てないよね。

後、打ち消しを入れるのがウルトラ困難なのも欠点。
ダイスダメージ対抗では無理なときは本当に無理。
弱いデックではないからこそ悩んでやめた。

迷走中にはマリモとか入っていた。
迷走って怖いね。
前日予選で使ったエーディンデック。

ユニット:26枚(即時可:14枚+即時不可:12枚)
花園の歌姫 ×2
花園の歌姫プラリーネ ×3
花園の歌姫フロマージュ ×1
不思議娘パンドラ ×3
黒真珠のイデュイア ×1
百年樹のトレント ×4
幻蝶姫エーディン ×3
黒蛇姫メリッサ ×3
虹の女神イーリス ×1
エント ×3
地獄の大公サルガタナス ×1
樹海霊ダイダラ ×2

戦闘スペル:23枚
プロテクション ×3
リップル ×2
アース・サークル ×2
アース・シールド ×2
ウエポン・ブレイク ×3
エンデュランス ×3
ジャイアント・グロース ×2
ブライアー・ピット ×3
ヒュプノシス ×3


このデック組んだの誰だってなった。
英雄点払いまくりは問題ない。
山札がなくなる前に勝負するだけ。

普通タイミングパーティ焼き中心に選んだので、タイダルは怖くない。
が、対抗はパンプに全寄せしているので、エーディン以外が勝負できない。
エーディンで突撃していかないとダメなんだけど、
エーディン以外に本陣防衛任せるのも不安。
メリッサが案外脆いのが悩みのタネ。

サルガタナスとイーリスはレベル:5の嵩ましに入れた。
戦力的には不要なんだけど、安定の為ってやつ。

まぁ、ダメだった。

課題。
究極的には戦闘要員が1種類だと言う問題。攻めに行くと守れない。
採用ユニットが英雄だらけ。何も召喚できない手札とかになる。
普通タイミングパーティ焼きでも、全員方向が違う。メリッサとエーディンは全然違う。
エーディンは依存値ダメージ。メリッサは固定値効果。エントはダイス値ダメージ。バラバラ。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
芹々芥々
性別:
男性
職業:
趣味人
趣味:
モンコレTCG
自己紹介:
不思議娘パンドラ
無限回収中。
現在

ブロッコリー版
3XX枚

ブシ通常版
16枚

ブシパラレル版
2枚

ブシVF版
12枚

20thノーマル版
83枚

20thPR版
5枚

所持。
どこぞの大会で遭遇した時声をかけてくれると色々トレードで出すかもです。
twitter
最新コメント
[10/19 Q]
[09/12 456賽]
[09/08 456歳]
[04/13 456賽]
[12/07 破戒僧]
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 20th版の不思議娘パンドラが割りと強いことに困惑するブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]