忍者ブログ
不思議娘パンドラの無限回収者なモンコレプレイヤーの妄言録。
[778] [777] [774] [773] [772] [770] [768] [767] [766] [763] [762]

昨日の公認大会について。
3人参加の総当たり戦。
使用デックは精霊王。

初戦。
牛+蛇デック。
……どう考えてもカモ。
3枚投入のブルー・メイルシュトロームが刺さる。
オドントティラヌス、オーシャン・ロード、
マグネティック・エンプレスの辺りが暴れまわる。

敵軍2まで進んだ鋼鱗のいる地形を鋼の門にしたところ、
地平線を差し込まれて、皇帝がやってくる。
即時召喚で皇帝+皇帝+鉄槌+牛頭鬼のパーティに。
当然後攻になったので攻撃に対抗でブルー・メイルシュトローム。
魔力のスクロールが飛んできてピットで対応。
ここで対抗連鎖が打ち切れたのが大きかった。

ただ、白蛇姫アンドロメダの相手がキツイ。
割と仕留めそこなってしまう。
そのせいで、自軍2までやってこられた。
一方、敵軍1にマグネティック、敵軍4にはオーシャン・ロード。

本陣攻めは少し自信がなかったので、
本陣にいたフレイム・タイラントでアンドロメダを襲撃。
ここでアンドロメダの使用した魔力のスクロールに
フラッシュ・デトネイターを合わせることができた。
相手の魔力のスクロールを使い切らすことができた上に、本陣前の安全も確保。

悠々と進軍を続けたところ、
相手の進軍で本陣にユニットが呼べなくなった模様。
誰もいない本陣を踏んで本陣陥落勝ち。


2戦目。
ガルーダ式重スペル。
スタートから鋼鱗+鋼の門とか中々いい引き。
鋼鱗を前面にだしつつ、後続に精霊王を出していく。

ホーリー・フェニックスとの戦闘では後攻になり戦闘スペル耐性。
攻撃はキャッチだったので、ディフェンダーで仕留める。
キュクレイン・フラッドで攻防を下げられる局面もあったが、
オーガン・クラッシュで攻撃を止めて事なきを得る。
当然、ディフェンダーで仕留めた。

側面に展開して自軍1までやってきた雪の女王ゼノビアの所に
テンペスト・クイーンで突撃。
相手は深き森の騎兵団を即時。
先攻パンチにゼノビアからタイダル→カッターで迎撃。
進軍成功。

次のテンペスト・クイーンの戦闘では
青い稲妻のコストでテンペスト・クイーンを2枚捨てたり。
結局、このテンペスト・クイーンは敵軍6まで進軍することに。
カッターやサンド・カーテンが中々手札に来ないので、
敵軍本陣を攻めあぐねていたところ……相手のエックスデイ・ドラゴン!

敵軍6にいたテンペスト・クイーンが襲われることに。
即時のフェアリーのせいで同時にならず、先攻を取られた。
終末のブレス→リザレクション→カッター。
テンペスト・クイーンが倒される。

……その時点で手札にあったフレイム・タイラントを出せれば、
精霊王が全部戦場に登場するという、カオスな状況になったのだが。
で、そんな馬鹿なことをやっている場合でもないので、
手札調整で捨ててカードを引きに行く。
……ナイトシェイドを引けた。
これは……勝てそうだってことで、オーシャン・ロードで本陣に突撃!
即時でシェイドを召喚。
そして……同時攻撃で陥落勝ち!!
はいモンコレモンコレ。

久しぶりの優勝で、大砂蟲をゲット。
賞品のパックからはレディ・アルストロメリアが。
2位の人がパックから龍宮姫アリアオロを引いていたのが裏山。
そのあと、パックを勝ったらランスロットが出た。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
芹々芥々
性別:
男性
職業:
趣味人
趣味:
モンコレTCG
自己紹介:
不思議娘パンドラ
無限回収中。
現在

ブロッコリー版
3XX枚

ブシ版(通常+パラレル+VF)
30(16+2+12)枚

20thノーマル版
86枚

20thPR版
5枚

所持。
どこぞの大会で遭遇した時声をかけてくれると色々トレードで出すかもです。
twitter
最新コメント
[10/19 Q]
[09/12 456賽]
[09/08 456歳]
[04/13 456賽]
[12/07 破戒僧]
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 20th版の不思議娘パンドラが割りと強いことに困惑するブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]