忍者ブログ
不思議娘パンドラの無限回収者なモンコレプレイヤーの妄言録。
[813] [812] [811] [809] [808] [807] [806] [805] [804] [803] [802]

復活祭が参加者不足で流れてしまい、翌週の公認大会も流れてしまい、
フラストレーションが溜まっている芹々芥々です。

で、そろそろ復活の破壊神のカードもいろいろと使ったので、
ユニット考察を再開してみようかなぁ……とか。

ってことで、口火を切るのは「竜鳴のエルザ」で。

火 2/2/1 歩行 【スピリット】
チャージ:+2
イニシアチブ:+1
□竜鳴ダイナミック[普通 | 対抗不可]

増えすぎの感がある対抗不可能力を引っ提げて登場したスピリット。
イラスト見るに慕ってくれているダイナソアとかレプタイルを特攻させる姫?

肝心の特殊能力に関しては……
吹き飛ばしたユニットのレベル分のダメージを与える能力だが……。
割と不評だなぁ……とか思っている次第。

なんと言っても本人が寝る。
この時点で高レベルユニットを飛ばして撃ったら落としきれなくなる。
レックスを飛ばせば、ジャッジメントレーザーよりも高威力になるが……
それでも、もう殴れなくなる点は非常に苦しいところ。

ただ……なぁ。
このユニットに関して論じている時に言われている
「本人が寝てしまうせいで殴りきれなくなる」
ってコメント。
確かにその通りなんだが、少し待って欲しいと思う。

とりあえず、特殊能力は忘れて常備能力と基礎能力を見る。
……なんだかあのユニットが脳裏に出てきませんか?
先攻を取ると4点で殴れる。
そしてイニシアチブ:+1の修正値を持っている。

……え?
欲深き皇帝?
……いや、確かにソイツも同じことができるんだけど……。
いたじゃん!鷹眼の行進曲に収録されたやつでさ!!
レベル:2のダイナソアにそんな奴が。

始祖鳥ですよ。始祖鳥。
劣化アカイライみたいなもんの。

ほら、見比べてみると安心の性能差。
同時攻撃になってもレベル分の攻撃力を持っている。
その違いは……極稀だからだよ。
完了型で状況を選ぶとはいえ、大ダメージを期待できる対抗不可能力を持っている。
その違いは……極稀だからだよ。
同じパックには希少価値の高いVF(ビジュアルフレーム)版が収録されている。
その違いは……極稀だからだよ。

ほら、比べてみれば一目瞭然の極稀品質。
七つの海の王子とオーク傭兵団の違いよりも際立っていると思わないか?


……実際に使ってみるとそこまで悪いものでもないですよ。
エレクトラや髑髏の騎士相手にラプトリアンを突っ込ませるのはいい感じだし。
基本的にはレベル:2のユニットをアーマーンみたいなのに突撃させる……と。
実際にチャージユニットとして殴りにいくのも結構便利。
レベル:2の4点パンチャーとしては候補が他にも上がるので悩ましいが、
欲深き皇帝の次点ぐらいには上がるんじゃないかとも思えるところ。
ナノティラヌスを複数枚採用しているのであれば、悪くない選択肢。

……まぁ、ダーナの戦巫女の方がもっと使いやすいわけなんだが。
芹々芥々も復活祭期間限定でバードマンデックに混ぜているだけだしなぁ……。

欲しいカード
・ディスチャージ・ボア
・ナノティラヌス
・ディノニクス

脅威カード
・サプライズ・ウィンド
・メズマライズ
・恐竜さんじゃ追いつけないウルフやバードマン
・防御力:5以上のユニット全般

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
芹々芥々
性別:
男性
職業:
趣味人
趣味:
モンコレTCG
自己紹介:
不思議娘パンドラ
無限回収中。
現在

ブロッコリー版
3XX枚

ブシ版(通常+パラレル+VF)
30(16+2+12)枚

20thノーマル版
86枚

20thPR版
5枚

所持。
どこぞの大会で遭遇した時声をかけてくれると色々トレードで出すかもです。
twitter
最新コメント
[10/19 Q]
[09/12 456賽]
[09/08 456歳]
[04/13 456賽]
[12/07 破戒僧]
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 20th版の不思議娘パンドラが割りと強いことに困惑するブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]