忍者ブログ
不思議娘パンドラの無限回収者なモンコレプレイヤーの妄言録。
[1123] [1122] [1121] [1120] [1119] [1118] [1117] [1116] [1115] [1114] [1113]
各所で言われている通りだと思う。

魔剣猫ドラジェ
水土ナーガラジャ
火土ドラゴン

トップはこの3つで動かないだろう。
上がもっとも事故が起きやすく、下が起きにくい。
というのが定説。

なんか、脳裏から消えないからバードマンでの対戦について書いとく。
いる情報なのかは凄く微妙だけど。

凄い長文になったので、以下は隔離。

+ + + + + + + + + +
まず、火土ドラゴン。
ストーン・バジリスク、アース・ドラゴン、ファイア・ドラゴン、グレート・ブルタスク
火竜ゲオルギウスを採用して、残りは即時召喚系。
竜姫、竜太子を採用し、地中移動含めた展開力で勝負する系。

攻撃してくるユニットが防御:4以下になりにくい点から、
ヴァーミリオン・ドレイクは外れたっぽい。
あと、対偶をしっかり入れていない場合、事故要因なんだ、Vドレって。
強みがサバイバビリティの高いレベル:6が戦闘を大量に起こすこと。
そこで、4-2-2パーティ作っていてはダメだろう。

ってことで、攻撃対抗はエナジーによる強化とフレイム・タイドになる。
土枠は貴重な枠になる関係上、ロック・ブラストの採用はまずない。
で、攻撃対抗に入るカードのせいで、ミラーマッチは先攻ゲオルが凄く強い。
というか、無双顕現な感じ。

環境変化に伴ってバードマン対策を捨て始めている点が気になる。
バードマンは旨いこと廻せると価値の目がありそう。


んで、水土ナーガラジャ。
龍皇子ナーガラジャ、スコール・ドルフィン、ナーガの龍鏡騎兵、
マッド・ドラゴン、ウォーター・ドラゴンあたりを採用する。
あと、マッド・リザード、ナーガ、ポイズン・トードなんかも採用候補。
七つの海の王子トリトンもまず間違いなく入ってくる。

スペル重視かアイテム重視かによって「竜太子」になるか「竜使い」になる。
どっちが主流なのかは……ちょっと読めない。
個人的には「竜使い」でいくほうが使いやすいかなー?とか思っている。

優秀な基礎値を持ったユニット郡、強力な戦闘スペル、
そして、消耗品を使用するだけのスペースもある。
メタシフトが容易と良いこと尽くめに見える。
実際その通りと言ってしまっても良いレベル。

ワントップデックではないのだが、パーティ構成に気を使う。
ミラーマッチでは「耐性:津波」を持つスコール・ドルフィンをうまく使うと強い。
……というか、このユニット性能おかしいよ。
無属性【6】点に加えてドロー能力がついてる特殊能力。
先攻取らなくても十分戦えるスペル枠。

素でバードマンをメタるカードは入らない。
どれくらい採用しているのかって話だが、
ワイルド・ハーピィはまず間違いなく採用されているだろう。
普通タイミング連打で何とかなる気もするけど、
プロテクションDual(キリッ!)とか言われると泣きたくなる。


最後、魔剣猫ドラジェ。
長靴を履いた猫フリスキー、シロネコ衛視隊、魔剣姫ドラジェ、
ブチネコ鉄騎隊、ナガレ里の猫叉、ミケネコ球援隊あたりを採用。
魔剣ロストエデン、魔剣ブラッドソード、銘刀「紅まぐろ」を装備し、
キャッツ・アイを主軸にキャンセルしながら戦う。

消耗品に対する対抗が基本的に「紅まぐろ」、「ジャスティス」の2択。
……なので、マジック・バーストを入れるのケースが多い。

基本的に魔剣を2本以上揃えて先攻を確定し、
「黙示録の魔剣・封」でスタートし、対抗を叩き潰していく。
防御力を上げる程度の対抗の場合、「魔法剣」で処理できるのも強み。

装備品デックなので、完成パーティを作るのが骨。
加えて、Gレギュレーションまでの装備品デックと違い、
完成後のパーティも消耗が激しいので、電車道狙いのピーキーなデック。

一度ドラジェを用いたパーティが瓦解すると復旧はほぼ無理。
ってぐらいの破れかぶれな突破をかけにいく必要があったりする。

猫の持つ「紅まぐろ」は強力なのだが、同時に弱い。
なので、ドラジェの先攻強奪能力でその部分をフォローする。

パーティ作ってみるとわかるのだが、対抗数はそこまで多くならない。
「紅まぐろ」を装備するユニットは基本的に1対抗しか持たない。
ドラジェの「スペル:魔」が使えないことが多い。
使用する戦闘スペルが2枠で使うこと前提のものが多い。
なので、ガンメタを張ってきているデックに衝突すると完成パーティでも負ける。
最も、フリスキーがパーティにいると5対抗とか出たりするんだが。

……が、「紅まぐろ」が使い減りのしない対抗なので、
相手はそこまでの対抗を上回る状態で対抗しないと無駄撃ち確定。
なので、相手の完成状況を作る前に電車道で突破が基本。
だが、相手が引きこもって手札状況を整えにきたケースでは
紅マグロパーティなりドラジェを妙なぶつけ方をして対抗を削ろう。

完成パーティから捨て駒を出す戦術とかできれば強いはず。

バードマンで戦うには最も厳しい相手。
プリズム・ブレイク以外の戦闘スペルは単枠で致死ダメージ。
キャッツ・アイで能力はしっかりキャンセルされる。
「紅まぐろ」で斬り飛ばされる。
そもそも先攻が取れないことがある。

ただ、ドラジェパーティ相手に同時攻撃を振ると最高かもしれない。
ドラジェ相手に同時攻撃が狙える数少ないデックだし。
……バードマンが同時狙いで攻めてきたら、まぐろ以外の魔剣は投げ捨てるが。


番外として、水風スペル。
フロスト・パイソン、スコール・ドルフィン、ダイアモンド・ドラゴンを主軸とする。
全方面に突き刺さると言ってよい「ヒュプノシスDual(キリッ!)」が強く。
サンダー・フラッシュ、ウィンド・ストライクなど、
局面を選ばずに使っていける戦闘スペルが採用できる。
先攻をとった場合、とても強い。
また、スペル選択の幅から他デックへのメタを張りやすい。
対消耗品が少し苦手になるが、スクロールのダメージ以外で
致死効果になることが少ないため、対抗を重ねて何とかできる。
また、防御力の関係で、ドラジェ系よりもスクロールでは死ににくい。

このデックを使う人もきっといるはず。


水土風歌姫。
ヒッポス+トレント+歌姫とかでパーティを作る。
水、土、風のスペル枠が全部2個ずつ。
いろいろ対抗できて強い。
ただ、水枠の信頼度の関係上、ヒッポスをパーティに絡めないと
対抗がとんでもなく手薄になってしまうことが多い。
あと、イニシアチブ:-4でスタートする関係上、ゲヘナに弱い。
ヒッポスの爆撃兵はゲヘナで焼かれてしまう。
で、ゲヘナで爆撃兵を焼かれると本当に対抗できなかったりする。
時空門・真を有効活用できるユニットカラーだったりする。

対戦経験がないと苦労するかも。
デック的に重要なのはヒッポスだということを抑えておけば、
ちゃんと戦うことができるはず。


パンドラを使ったデック。
結局のところ、「属性:聖」の戦闘スペルによる重対抗。
4種類12枚の戦闘スペルを使いたくて組むようなものが多い。
対抗数で勝負しに行くと叩き潰されることが多い。
……ので、展開戦で削りあうと攻撃力の低いパンドラは苦労する。

あと、抽選会の使い方で相手の持っているスペルが推測できる。
聖枠の合計が偶数から使ってくるケースの場合、
マジック・シールドを持っている可能性が高いとか。

……基本的に2枠は残す使い方をしないとカウンターで倒される。
……ことから色々と相手を読みにいけるカード。
それを理解した上でブラフとしてくるプレイヤーもいるだろうが。


バードマン?
書くことないかなー?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
芹々芥々
性別:
男性
職業:
趣味人
趣味:
モンコレTCG
自己紹介:
不思議娘パンドラ
無限回収中。
現在

ブロッコリー版
3XX枚

ブシ版(通常+パラレル+VF)
30(16+2+12)枚

20thノーマル版
86枚

20thPR版
5枚

所持。
どこぞの大会で遭遇した時声をかけてくれると色々トレードで出すかもです。
twitter
最新コメント
[10/19 Q]
[09/12 456賽]
[09/08 456歳]
[04/13 456賽]
[12/07 破戒僧]
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 20th版の不思議娘パンドラが割りと強いことに困惑するブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]